10年の歳月

昨日、広告代理店時代のクライアントがお誕生日で来てくれた。
実はその方以外にもクライアントさんが来てくれたのだ。

そのお二人には大変お世話になっていたので
僕にとっては考えさせられる日だった。

社会人になって何もわからない僕が担当として営業していたのが
そのお客様が彼らでした。

今思うと本当にお恥ずかしく、よく僕なんかの話しを聞いてくれていたなーと思う。

わからないくせにとにかく顔を出していた僕。
理由なくてもクライアントに行っていた。

人は誰に育ててもらうかわからない。
そう思う。
だからいつも「育ててもらう準備」はしておいたほうがいい。

それは一般的に言うと「学ぶ準備」、「貪欲な心」をもっといたほうがいいということだが。

なかなか経験ない状態やはじめてやることに対しては、
育ててもらうことを前提にでもいいと思う。

それでもいいから吸収できる体制をとる。

でもそのタイミングは突然訪れる。
だからいつでも純粋に物事を見て
楽しそうだったり、やってみたかったり、知りたかったり・・。
そんなときはそこに飛び込めるようにしたい。

こうして彼らで出会ってから10年たち、
お互い違う立場で話せることは本当にうれしい。

自分も成長したり、新しい仲間と知り合えたり・・・
今の自分からも自分が刺激をもらえる様な気がするから。

一日たっても忘れられなかった。

新人の時に頂いた感謝と感動が。

「10年の歳月」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA