6月となれば

今月はボーナスです。
会社によって7月だったりしますが、当店は6月です。

サラリーマン時代、年に二度まとまってお金が入る日があることで
どれだけ救われたことか\\\\/

好きな物を好きな時にボーナス払いという必殺技で買えたり・・・・。

だから自分が独立したら必ずボーナス制度にしようと思っていた。

ま、飲食としたらボーナスなんてないところがたくさんあるし、
単なる人件費過多に感じる方も多いと思うけど僕はそうではないと思っている。

少なくても飲食業って労働時間や拘束時間が長い。

だから、サラリーマンより賃金が安いこと自体問題なのだ。

そういった意味で少しでも高い給与を・・・

そう僕は考えている。

ボーナスには皆への今までの感謝を込めているつもり。
給与明細にはこう書かれる・・・

◎ 感謝給 
◎ 能力給

と。

僕からの感謝の気持ちをお金にして渡している気持ちを込めている。

苦し時、欲し時、少しでもその気持ちが役に立てばと。

たとえ、僕に支払い能力がなくなっても
僕のお金がなくなるまではその気持ちを示すつもり。

それが経営者というものだろう

「6月となれば」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA