突き刺されたもの

あの日のことを書く ・・・ 3日目です。

明日、あれから4年です。
あそこで必ず2年でお店を出しますって宣言してから4年。

あの時、数多くの仲間から頂いたがんばれって言葉。

その一つ一つを思い出しています。

あの時、頂いた寄せ書きパズルはいまでもokeiの宝物として
店内に飾ってあります。

今、一つ一つ見ていると
仲間の心配なメッセージと奇跡を信じてくれているメッセージが入り乱れています。

そしてあの時の気持ちを僕はずっと持ち続けていたいのと
それを伝えたい気持ちが強い。

だからここを辞めていくスタッフには必ずあのパズルを渡している。
仲間からの寄せ書きで埋まったパズルを。

あの感動と優しさでこのお店も包まれています。

そしてあのとき、直属の上司がくれた餞別。
アンティークのロレックスだった。

それはそれは何十マンもするもの。
それを上司はくれた。

「お前も一番上になるんだからこれくらい持っていたほうがいい」

確かそう言って僕に時計を渡してくれた。

そしてそれは前に上司がしているときに
「いい感じですね。僕もそれができる男になれるようになりたいな」

と話していたのも覚えていたんだろうと思う。

多くは語らず、ただただ差し出してくれた。

品物ではなく気持ち・・・だけど、
その品物に込められた気持ちがズどーーーーーーンと来た。

今でもその時計を大切にしている。

あれから特に思う。
誰かに何かを贈るとき。

気持ちは伝わるって。
だからこめなきゃだめだって。

込めた気持はずっと変わらないって。

苦しい時にそれが大きな力になるって。

僕にはこのパズルとあの時計が今でも胸に突き刺さったままですから。

「突き刺されたもの」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA