ほこり

もう5月も終わります。
僕にとって5月30日という日がどれだけ大きな日でしょう・・・。
本当に自分を無にしてくれる日です。
今日から4日間はその話をします。

以前から読んで頂いている方はわかるでしょうか。
2004年5月30日。
広告代理店をやめて一カ月の僕へのプレゼントだった。
要するに先輩方と僕の家族、仲間総勢60人ほどがサプライズで集まった送別会をやってくれた日。
その日の挨拶で僕はokeiというお店を開くという約束をしたのだ。

あの日あそこに集まってくれた先輩方にずっと感謝しなければならない。
そして仲間にも。

僕にとって、ずっと支えてくれる先輩方は雲の上の存在。
でも友人のように付き合ってくれています。

仲間というか、。。。

その器の大きさには一生勝てないんだと思います。

どんな遊びでも、送別会でも、飲み会でも、
楽しいことはまじめにやる。

ましてや、多くの人と遊ぶ時はもっと真剣に自分がつらくなるくらいやる。

それが皆さんからの教えだった。

陰で何か月も準備してくれた人たち。

僕はあの時、一緒にいない時にどれだけ他人を愛せるか。

その心を知った。

そこにいなくても沢山の他人を愛せる人たち。

その後輩であることを誇りに思います、。

苦しい時悲しい時。

その時にはすぐにあの時頂いたパズルを見ます。
寄せ書きに書かれた一文字一文字を読みます。

そしてその時間が過ぎた時、また新しい自分になる。

ずっと感謝しています。

あの日の世界で一番の優しさを。

「ほこり」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA