僕がお店を出したあと、仲間がお店を次々と出した。

本当にうれしいこと。

そしてどれも大盛況のようで本当に本当にうれしい。

そしてお互いの売り上げやスタッフや料理を気にしている感じも
自然と頑張る源にもなり、一生こうして切磋琢磨していけたらと思う。

実際、僕のお店よりも1年で売り上げだけじゃなく、
全てにおいて上に見える店もある。

もしかしたら悔しくてしょうがないと思わないといけないのかもしれない。

もっともっと売上を・・・にならなきゃいけないのかもしれない。

でもそうじゃないと今の僕は思っている。
経営者として考えてもそうじゃないと今、確信してる。

僕のお店はこんな小さなお店なのにたくさんお客さんが来てくれている。
それに感謝すること。
自分がお店を持ちたいという夢をかなえさせてくれた仲間や家族、お客様に
感謝しなきゃいけない。

だからいまのお客様へ十分な気持ちを示せないようでは
これからのokeiはないと思う。

売上じゃなくて、お客様がどれだけ気持ちよくこの空間を過ごしてくれるか?
いわゆる顧客満足度を上げるってことに集中してくこと。

これが今の自分たちが前に進むっていうことかなと。

涙を流すのはそんなことができた達成感がどこかで感じられた時かな。

この店はオープン記念、1周年、2周年と大パーティを行った。
これら3回の会は250人くらいの方が毎年ここに来てくれている。、

その時に、僕はいつもみんなに感謝することにしている。
精一杯の心をこめた何かを示しているつもり。

必ず泣いてしまっているその会合で
僕今年泣けるかはそんな努力をどうしてきたかになると思う。

自分の夢を忘れないで生きていくことが今の夢かな

「涙」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA