経営している気

そろそろ新しいワインが固まりそうになっている。

酒屋に在庫してもらっているワインもあるので
それをすべて終わってから完全に切り替わる予定。

ワインというか、こうしてお客さまの顔を思いながら悩むことは
本当に楽しいというかオーナー冥利に尽きるというか。。。

僕の選んだものがここのすべてになるっていう危機感と期待感と
それらすべてがホントに自分をストイックにする。

筋肉トレーニングをして自分を追い込んでいるかのごとく・。・。・。

追い込むことが何かを生むって感じ。
悪くないのです。

楽しない自分がそこにあることが自分に自信を持たせます。

まーそれが毎日毎日継続してできるってことでは決してなく
怠けるとき、お酒を飲んじゃう時・・。。。

とかとか・・・。

本当に弱い男なんですが
仲間に支えられてその期待感を背負うっていう
また違う重圧と戦いながらいきています。

ピッツェリアという飲食を選んだ僕は
これから日々のその重圧に勝っていけるか。。

それにはどんな努力や苦悩が必要なのか。

そういう大きな悩みを持っていると
それだけで経営をしている気になってしまう。

でもそうじゃなくて今目の前のワインをお客様のことを考えて
選べること。

それが今の自分にまずは必要であり、
それを通過せずにはなにもないことに気づく毎日。

一つ一つ。

それしか唯一それしか、
僕が生きているっていう証はないのだと思います

「経営している気」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA