職人

今日、新しいメニューブック制作の打ち合わせに行ってきた。

今回は皮のメニューにしようと思い。既存のものを探したがいまいち。
で、知り合いの鞄屋にお願いをして、やってもらえることになったのです。

で、初めて鞄屋に行ってきたのだが、これが目の前で行われる鞄制作の一部始終が
楽しいったらない。

皮の香りもいいし、ああいう職人な仕事っていうのは、楽しそうだなって思った。

つい、父の日母の日のプレゼントを買ってしまった。・。・。

こうして何かをしたいなーと思ったときに必ず助けてくれる仲間がいる。
本当に自分は恵まれているなーと思った。

仕事というか遊びもそうだけど、何かをしたいときに、困ったときに
助けてくれる人が自分にどれだけいるか。

それが自分がいままでしてきた何かのあかしだと思う。
自分ひとりじゃできないってことに気づいた時からそう思っている。

広告代理店のときもそう。

自分は何もできないけど、僕はいろんなブレーンがあるから
なんでもできるって思いたかったし、そうなるようにしていたつもり。

完璧にはいかないし、そのためにはまずは自分が人にやさしくなければならない。
しかもそれは無償の気持ちでなければならない。

所詮自分がどれだけ小さい人間かを思い知るすべになるのだが。

それでも仲間とともにずっと何かを作り、何かを感じられる環境を
作っていきたいと思う。

「職人」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA