成功へ

先日、久々に飲食の友人と話をする機会があった。

有名店で働いているので、これからの自分のため、いろんな話を聞き、勉強になった。

でも、その中で福利厚生のことについては?だった・.・。

僕はサラリーマン上がりだから、どう考えても腑に落ちないことがあった。

福利厚生がないのだ。
ボーナスも。

個人点ではなく、大きな有名店であっても・・・。

だから飲食が社会の中で下に見られたり、働く者も給料が安くても
当然だと思ってしまうのではないか・・・。

僕は、拘束時間も長く、どうしても就業時間が長い飲食業にはそれ相応の給与が必要だと思っている。

もちろん、そうでない場合もあるかもしれない。
でもそれも納得させていく何かがなければならない。、
展望やら立場とか、働きやすい環境、休みなど。・・

それが素晴らしいサービスにつながると信じている。
そこのお店の良いところを伸ばし、悪いところを改善する。

そのためには個々の士気が高くないと間違いなく無理なのだ。

そのためにはその個々に対する最低限の感謝を示さなきゃいけない。

そう思っている。

だから僕はこの店を会社にした。
そのおかげで経費が増えた。

やっていくのは大変。

でも働く者たちはそのおかげで恵まれる。

飲食は厳しい。
経営するのも大変。
潰れていくお店も後を絶たない。

だから経費を削減したい、だから福利厚生なんて
いつ辞めるかもわからないやつに与えたくない。

そんな気持は僕も思っている。

でもそこをやって成功もできるはず。
僕はそう信じ、しっかりとした会社にしたい。

いつかこれがしっかりとした会社のプラットフォームになり、
土台になり、新しい世界へ旅立てる何かになっていることを祈る。

僕はこの考え方で成功したい

「成功へ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA