11年目の舞台

代理店のときは、4月は新年度。
担当商品に新商品が発売されたりで、TVCM制作などに追われていた季節だ。

人は環境が変われば、変わる。
僕もその一人。
変わるといってもそのものは変わらない。

わかりやすく言えば、新しい人格を持つ。

その時感じなかった気持ちや不安、期待。
そんな新しい感情が芽生えるのだ。

小中高大・・・
そのたびに卒業を迎え、新しい舞台が用意されてきた。
たぶん、そういった違う舞台を用意していくことで成長していけるから
自然とそうなって行ったんだろう。

そしてある時からその舞台がなくなっていく。
自分でその舞台を作ったり、見知らぬ舞台を探して
そのステージで演じていく。

逃げる者避ける者。。。そんなこともありながら
いろんな人生経験をする。

お店というのは小さな世界。
でもたくさんの人たちの感情が入り混じる特有の舞台。

そこにいる僕は日々新しい感覚と出会える。
新旧共にした新しい舞台といえる。

そういったチャレンジできる環境を作れたことは満足している。
そしてそれをこれから継続できるように、
僕以外にチャンスを与えられる舞台にしたいと思う。

ここで学ぶすべてをここで示したい。

10年。
それが僕の目標。
11年目の舞台を踏んでみたい

「11年目の舞台」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA