年末のあいさつ

今日は会社員として7年くらい勤めた広告代理店へ挨拶に行った。
年末のご挨拶というところか。

手土産もなく顔を見せに行ったのだが、久々の方にも会え、楽しい時間を過ごした。
今は会社も変わり、移転もしたし、人も変わった。

でも自分を育ててくれた会社だし、先輩も沢山いるし、何より
僕のことをみんな心配してくれていた。

会社を辞める時、みんなびっくりしていたし、反対もしていた。
でも修業時代も修業先に足しげく通ってくれたし、
長野のお店にいたときでも来てくれた。

あの頃は辛かったなーと思う時もあるけど
そんなときは代理店時代を思い出し、その頃辛かったことと比べて
まだまだだーーーーーーと気合を入れたいた。

今思うと、すごく楽な人生かもしれない。
親が離婚しても、仲間はいたし、よりどころはあった気がする。
離婚裁判で法廷に行った時も、結構冷静に証言や希望を裁判官に
話が出来ていたように思う。

二人目のお母さんとうまくいかなかったときも
家にいるのさえ気まずい状況だったことはいやだったが
サッカーがあったから学校にも行った。
学校にいた方が楽しかった。

大学に行けば、もうその辺は超越してしまって何の意識もしていなかった。

親が何度結婚しようが関係なかった感じ。

こうして僕はいつも誰かが助けてくれる恵まれた人間。

だから僕の楽な人生を送っていると思う。

今はこう思う。
一日が楽しく過ぎていくこと。
それは今までの自分の生き方で決まること。
今日、今日のことをやっても余り状況は変わらない。

だから日々少しずつ人のために頑張ることをしようと。
自分のためになるから。

人生はその繰り返しかなと。

今の32歳の僕はそう考えて生きています。

その人生の成長期を支えてくれた代理店には感謝しています。

来年もよろしくお願いします。

「年末のあいさつ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA