mio bar

僕のお店の名前は僕のニックネームそのまま。
雄啓(たけひろ)の音読みをしたあだ名で中一から呼ばれているのだ。

それを店の名にすることはかなり前から決まったいた。
だからお店を開店することが決まっても店名を決めることに悩むことはなかった。
ただ・・・。

現在「PIZZERIA bar」と入っている部分についてはかなり悩んだ。

「イタリアンバール」「ピッツェリア」「オステリアバール」・・・
とにかく沢山の候補があった。
その中で最後まで悩んだ名前があった。

「mio bar」

日本語で言うと「行きつけの店」「私のお店」という感じ。

イタリアのバールは、サッカーのチケットも買えるし、バスの切符も買える。トイレも自由に使えるし・・・。
とにかく、生活の一部になるため行きつけのバールが各人に存在するらしい。

そして自分の行きつけを「mio bar」と呼ぶらしい・・・。

僕の理想に近い感じがした。
地元の家の近くの店。一人で気兼ねなくドアを開き、カウンターに座る。
一言二言交わし、やっとメニューを見る。
まるで実家の食堂の如く。

そんなお店を理想にしていたから、ぴったりだったんだ。

でも最終的にはこのお店の売りをわかりやすくするため
現在の名に落ち着いた。

そしてオープンして1年と5か月。
このお店がその幻の名に近づいているような気がする瞬間がある。

もちろん調子に乗っているわけではない。
数少ない常連さんを見ているとそういう道が少しは見えていくのだ。

このお店を友人に紹介しながら笑顔を見せる人たち。
その顔を見て僕らは生きていける気がするんだ。

そしてそんな夢のような空間を感じたり、
そんな夢を見るだけで僕はドキドキする。

mio bar になるのにどれくらいかかるだろう。
mio を大切にしなきゃとおもう。

「mio bar」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA