行きつけ

僕がいつもいる所があること。
それは本当に幸せなことだなーと思っている。

何にもなかった自分がこうして自分がいなくちゃいけない場所があること。
それ自体が幸せなこと。

正直、サラリーマン時代は休みたかった。
休みたい気持ちで毎日いた。

めんどくさい。
つまんない。
どうでもいいじゃん、そんな細かいこと。。。

そういう打ち合わせをまるで真剣に考えているように
それが自分の仕事だ!というような顔をして過ごしていた。
偽善者だったかもしれない。

今は、甘えようと思えば甘えられる。
実際、できてないことややれてないこと、疲れていて勉強しないこと。
数多くある。

でもずっと店のことばかり当然のように考えている。
馬鹿話してても、何にも考えてないような時でも
まるでどうでもいいような顔をしているときでも真剣にお店のことを考えている。

仕事という感じではなく生活という感じ。
好きな歌を口ずさんでいるように、このお店のことを考える。

少しでも長く続けたい。
そしてそれが出来たら誰かのためでありたい。

懐かしい思い出も新しい思い出もこのお店で感じられたらと思う。
昔の友達が来てくれたり、ずっと来てくれているお客様が来てくれたり、
転勤しちゃったお客様が何年かぶりに来てくれたり。

そんなお店でありたいな。

あーこう書いていると本当に不安になる。

こう書いている自分がいつまで続くのかと。

潰れる店だってたくさんある。
そのひとつになる可能性だってすごいある。

でも今日、常連の女の子がお母さんを連れてきてくれた。
「いつもお世話になっている片寄さんよ、お母さん。」

とても嬉しかった。

家族に自分の行きつけを紹介するということがどれだけかっこいいことか。
すごいお互い嬉しいことだと思う。

そんなこのお店になってくれたこと、本当にお客さんに感謝しかない。

「行きつけ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA