空の下

久々に昨日、空を見た。
実際には毎日見ているのだが、体調不良や忙しく、余裕がなかったのかもしれない。

新橋に住む僕は、電車も乗らなきゃ新橋から出ることも少ない。
だからかなりビル街に囲まれた無機質な空間に身を置いている。

何万人もの人間を毎日見て過ごしている。

ビルから見える空に気づくのも週に何回か・・。

正直疲れる。

でも昨日久々に空を感じられた。
よかった。

4月と言えばサラリーマンの時は部署が変わったり、仲間が変わったり。。。
あの時は空を感じていたんだろうか。
あんまり記憶はない。

流れていく雲や太陽やそんなものは関係なく、飲んでた気がする。
だから日当たりなんかいらないと独り暮らしの家も決めた。
家にいないから暗くてもいいと。

今の自分とは少し違うかも。
日に浴びたお店のタオルやたまに干す布団。

その時に太陽や空のありがたみや、自分にとっての重要性を気づく。

僕は横浜生まれ。
いつかいつの日か、横浜に家でも持てたら幸せだな。
海と太陽が近く白いシャツやシーツを干せるベランダがあったらいいな。

そんな気持ちになったのは今日が初めて。

空をゆっくり見上げてみれば変わることもあるんだなと。

やるしかないことを抱え、やらずに逃げたり、遊んじゃったり。。。
そんなことを繰り返しています。

でも少し自分のことが好きになったかも。
空を人生で一番好きになった日だから

「空の下」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA