僕という存在

生きているというか、生かされているというか・・・。

今日、僕が何を言いたいかというと。。。

僕は仲間や先輩、家族・・・様々な人々から必要とされたいと思っている。
それが僕が生きていく糧になっている。

頼りにされないとか必要とされないと感じた瞬間、落胆する。

サラリーマン時代でも自分のポジションを確保することを自然とやっていたように今は思う。
それが飲み会隊長でもなんでも良かった。
「片寄がいるから・・・」という言葉で生きていけた。

そしてお店を持ちたいと思った理由の一つに・・・
僕がいなきゃいけない場所を作りたい

という欲求があった。

今、僕という存在がこのお店にはなければならない。
それが最終形ではないことは当然だが、今の僕の欲求はそこにある。

自分が必要とされるお店。
それを自分で作った。

そしてこのお店が発展する過程で自分が感じきたすべてを浸透させていき、
よりよい空間を作っていきたい。

それは非常に難しいこと。
よく「最初の店の方がよかったよね」というお客様の声があるのはわかっているから。

いつか何か新しい展開を考えるときにはこう考えようと思う。

お客様が楽しい空間。
それができないならこの空間を大切にしよう。
僕は儲けるためにお店をやったわけじゃない。
楽しい時間を過ごしてほしいから。
その場に自分もいてもっと幸せになりたいから。

それだけは変わらずに行こう。と。

「僕という存在」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA