受付の女性がくれた幸せ

会社には受付というものがあり、そこにはきれいな女性が座っている。
僕もサラリーマン時代にそんな女性に会う機会がたくさんあった。

社風もあるが、みなテキパキと仕事をこなすしぐさはさすがで、
今思うとおもてなしの姿勢客さまに伝わる仕事の一つだと思う。

以前受付の女性に言われたことを思い出した・・・。

サラリーマンの時。
何度も行くクライアントの受付の女性と話すようになることは間々あること。

その中で仲の良い方とこのお店に来てくれたり、
連絡を取り合うようになった。
そして、話しているときに。。。
「受付バッチを返す時に一番丁寧に返してくれるのがokeiでした」

と言われた。

そんなこと自分は意識もしてないのにほめられてびっくりしたと同時に、
少し同感した。

同感というとわかりにくいが、今の職業になって考えてみると
意外にお客様の行動やしぐさは見ているもの。
そういう意味の同感。

でもあのころはそんな気持ちはなく、何も考えずに渡していた。
でも一番丁寧だったと。

すごく嬉しく思った。
その気持ちが大切なんだなって改めて気づいたから。

このお店を出して1年以上が過ぎた。
たとえば伝票をお客様へお出しするときやワインをお注ぎするとき。

その気持ちが大切なんだなって。

彼女の一言がすごい力になった。
そして励みになった。

彼女のほめてくれたことが僕をスタートラインに立たせた。

その幸せを忘れず、前に進もう。

受付という仕事で毎日笑顔を振りまいているだろう。
それも誰かを幸せにしているんだと気付いているだろうか。

少なくても僕はこの店をそのおかげで手に入れて幸せになった。

ありがとうございます。

今思うと、意外にお客様のことは見ているんだと思う。
逆に見られている部分もあると思うが・・・。

だから、あの言葉は僕のスタートラインかもしれない。

「受付の女性がくれた幸せ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA