昨年の今日

昨年の今日、おやじがこの店に来てくれた。
久々に過去を振り返り、ミクシーの日記を見たら下記のような日記があった。

今の僕があるのは、いろんなことがあったから。
誰かが僕をずっと支えてきてくれているんだろう。
そしてその全部に悲しいことに気付かないんだろうな。
さみしい。

だからせめて気づいた優しさにはその何倍もの優しさで返しておかないとね。

何となくそんなことを感じました。

ちなみに今週末、久々に親父が来る。
この時期に来るようにしているのか、たまたまなのか。

いつか彼が死んでしまう時が来るだろう。
その時に後悔しないように恩返しをしなくてはと最近思う。
どういう形であれしなくちゃと。

今はとにかくこのお店を継続すること。

「去年の日記」
今日は富士から親父が奥さんと来た。二度目の来店だが、現状に喜んでいるようだ。一緒に暮らしていたのは中学二年まで。その後は離れているので年に一回か二回しか会わずにいる。
思えば料理が好きになったのも親が離婚ししょうがなく、親父のご飯を作ったり、自分の食事を作ったことから。またいろんな人の優しさを感じられたのも彼らが離婚したから。
問題もあるが、少なくとも今はよい選択を親はしたんだと思う。これからずっとお店がうまくいくとは思えないが、それを目指し、精進し、恩返しでもできたら幸いですね。
「親」は「木の上に立ちながら見る」と書きますね。今気づきました。所詮親はずっと上から見てくれているということか。ずっと勝てないし、逆に倒れないか見てあげていなくちゃいけないんだね。んーわれながらよいことに気づきました。

「昨年の今日」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA