一生の仲間

僕にとって一生の仲間とは大学時代や代理店時代の仲間だと思っていた。

というか、なかなかできないと思っていた。

それなりに長い時間をかけて培ってきた信頼が必要だったから。

お店を出して一生の仲間が加わった。
それはスタッフ。

彼らはそれぞれの夢に向かい、ここにいる。
だから基本的には自分のためにここにいる。

でもそれは僕の目からは違って見える。
僕の店にいてくれる以上、いやいてくれたことがある以上
それは僕のためにその時間を費やし、注いでくれていると思っている。
僕のために生きてくれているとまで思う。

一生の仲間。
そんな堅苦しいものではない。
でも費やした時間ではないと思う。
費やしたお互いの満足度。
お互いの心の成長や拠り所度。

僕はここで働いてくれている人たちのために一生をささげてもいいとまで思う。
それは僕の感謝の心がそうさせる。

僕にとっては一生の仲間だし、彼らが困れば、できる限り助けてあげたい。
おじいちゃんになってお互いを笑いあって葬式に参列して手を合わせようじゃないか。

それまでひとりひとり頑張って生きよう。
僕はそのために生きていきたいと思う。

まだ1年3か月。
でもそれくらい濃度の濃い、楽しく、険しく、苦しく、幸せな時間をくれたのは
スタッフでした。

ありがとうより伝わりやすく気持ちのこもった言葉がほしいと思うのは僕だけでしょうか?
あれば今ここに書きたいと思う。

僕には最上級の言葉。

いつもありがとう。
これからも助けてください。
よろしくお願いします。

ピッツェリアバール okei
オーナー片寄雄啓

「一生の仲間」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA