僕とチーズ

僕はつい5年くらい前まで全くチーズが食べられなかった。
ピッツァのチーズは大丈夫だったが固形のチーズは全く駄目だった。

牛乳とかもいまいちでした・・・。

なんかくさくて。。。

しかし、それがあるとき、食べれるようになりました。

それは広告代理店5年目くらいでした。
営業担当として新たに、○印乳業というクライアントを担当することになったからです。
やっぱり牛乳やチーズを商いとしている企業だけに営業が食べれないのでは、
良い広告は作れない・・・困りました・・。

でもやるからにはしっかりと仕事をしたかったので、とあるデパート地下のチーズ売場に行きました、休みの日。

そしてそこのおばちゃんに
「一番おいしいチーズください」
と言ったんです。
25歳とか26歳とは思えない子供な発言・・・。

そこで出してくれたのがパルミジャーノ。
試食してみた。
「うまい」

おいしいチーズはおいしいんだと初めて知りました。
それから何度かその売り場に行っていろんなチーズを食べました。

そのうちゴルゴンゾーラとか癖のあるものでも食べれるようになったのです。

そして今は。。。イタリアンのオーナー。
今考えれば、○印さんがなければ今の仕事をしていることはあり得ないと思う。
だってチーズが扱えなきゃ、おいしいと思わない業種だから。

僕の今を支えてくれた○印さん。
ありがとうございました。
御社の担当になれたことが今の僕の源になっています。
もちろん、チーズだけじゃなく、よい出会いもありました。

これからも仲良くしてください。
いつも応援してくれてありがとうございます。

「僕とチーズ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA