友人のこと

こないだ「たまには俺のこともどっかに書いてよ〜」と友人が言って来たので、書きましょう〜。
大学からの友人の彼は、大学時代とにかく酒が強かった(今も強い・・・)
学祭で出会った彼は、強烈だった。
目の前に一升瓶を持ってきて、「いっきしろ!」でしたから・・・。
かなり引きましたが何倍かいっきして事はおさまった。。。

それから長い付き合いになるが、一番印象に残っているのは、彼が大学在学中に宅建の資格を取得した時。
毎晩のように僕らとも飲んでいたし、遊んでた。
なのに彼は勉強していたのだ。
それも不動産会社に入りたかったからそのために大学3年には資格を取るという用意周到ぶり。

僕には全く考えもつかない男である。
おそらく僕の仲間の中で一番しっかりしている奴である。

そんな彼は毎週火曜日か水曜日このお店に来る。
神奈川県の金沢文庫から・・・。
このお店が出来る前、不動産の相談にも乗ってもらったし、お店を掃除するのから壁塗りから仕事が終わってから来てくれた。

彼だけではないが、本当に彼がいなければこのお店はない。

しかも毎週このお店に来てくれる。
そして毎週僕と朝まで飲む。
実は仲間は来てくれるが、なかなか飲む機会がなく少々自分としては寂しいのだが、その世界に入ったのだからと言い聞かせているし、慣れてきた。
でも彼と飲む機会が増えて、その楽しさや充実した時間の流れにまた感動してしまう。

飲むことが重要ではなく、そこでの話が僕らには重要であるということ。体調が悪く飲めなくても、一緒に話していることがいい感じ。

先日飲んでいる時、
「こうしてお前と飲んでいると勉強になるよ。オーナーとしてやってるお前を見ているとやる気になるよ。ありがとう」
と僕に言っていたのを覚えているだろうか?
酔っていたから覚えていないかもしれないが、嬉しかった。

出会って13年くらいになるか?
これからもお互い楽しく生きていけたらいいなと思います。
そして何年後もこのお店があってみんなが集まれて・・・
そんな40歳を目指します!

ガンちゃんへ
okeiより

「友人のこと」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA