自分の能力

僕には能力がない。
謙遜ではなく、事実。
サービスの能力、知識、料理の能力、知識。

どれ一つをとっても三流の男である。

仲間にはそう言われないが、普通のお客様は感じていると思う。

僕は毎日楽しく過ごしている。
それはたぶん自分が出来ないから。
出来ないことが多くて、少しでも出来ると楽しいから。

そしてそれが出来ないと毎日のように落ち込む。

往々にして僕が落ち込むのは混んでいた日の後。
それが今日である。

今日、このお店はオープン以来一番良い売り上げを上げた。
でも、僕はパッとしないどころか、駄目だった。

それだけ忙しいと自分が出来ることも出来なく、こなすことしか出来ない。
そしてお客様にもいろんな意味で迷惑をかける。
それがこのお店の限界と思われているのもしゃくである。

これからこれをどう打開するか。
人を入れるのか、入れないのか。

でも今での出来ることが沢山ある。
僕らの効率が上がればよいのだから。

もっともっと真剣に考えたい。
一つ一つのことを。
それが自分が成長する唯一の手段だから。

「自分の能力」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA