握手

僕にとって今日はある意味一周年の日より大切な日かもしれない。

去年の12月5日。

okeiは僕のあだ名ではなく、一人のものではなくなった。
4日まで前の店で働いていた中田君がこの店の一人として出勤した日。

僕たちはあの日からこの一年ほとんど毎日一緒に働き、ご飯を食べ、将来を話し合っている。

お互いを理解しあって始めたわけじゃない、なんとなく始まった。
そして理解しあいながらの一年。

彼は大変だったと思う。
僕もある意味特殊な人間だから。。。。

そしてほとんど経営者としての目線ですべてを一緒に考えてもらっているから料理だけでなく、全てを。

でもそれがこの店には必要でお客様からもそれで評価されているんだと思う。
僕と中田君が作ったお店が評価されているということが、僕らの進んでいる道にしっかりと刻まれている。
それがうれしい。

僕らの人生は今始まったといえるけど、彼がいたから始まったともいえる。

この大切な日、彼に僕はお礼を言った。
帰るバイクに乗りそうな彼を引き止めてお礼を言った。

「今日が中田君が来てくれて一年目なんだよ」
「本当にありがとうございました」
と。

そういうと彼はバイクの前に直立し、深々と頭を下げて・・・

「ありがとうございます」

と言った。

そして僕はこの日を大切にしたいから、手を出した。

もう一度ありがとうといいながら。

そして僕は一生で一番熱く、感触を忘れることのできない握手を手に入れた

「握手」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA