一年前の今日の僕

一年前の今日。
僕はここで片付けをしていた。
毎日が手探りでオープン日まで目の前にあるものを一つ一つ確実にこなしていくことだけを考えていた。
不安で不安で・・・今の自分があっているのか、一般的にはどうなのかとか・・・。

こんな自分でも見守ってくれる友人が沢山いた。
彼らがいてくれたから今がある。
大切なのはその気持ちだとまた改めて思う。
それが料理にも接客にも、すべてにかかわるから。

ミスもあるし、反省も沢山ある。
でもそれも勉強と思い、日々をすごす。
そんな贅沢で前向きで働ける店でいれて幸せ。

一年前の僕はこんな日記を書いていました。
少なくても楽しい店にはなっているような気がする。
ありがとう。

オープンまであと一週間弱。まーお金がかかります。換気が良くなく明日からまた工事。やはり合計1200万円はかかりそう。ピッツァ窯は快調で安心。みんなに少しずつ振る舞いながら感触をつかんでいます。おいしいピッツァと安いワインと楽しい話が出来る店に出来たら最高だな。みんなが自慢できる店にしないとね。毎日沢山の人が手伝いにきてくれて形になってきた。彼らが胸を張って歩ける店にしなくては。サッカーをしてて、神奈川大にいってて、サザンが好きで、協同に入って、ジンパチで働いて本当に良かった。その全てで出会ったみんながいたからあの店が出来ようとしているから」

「一年前の今日の僕」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA