気軽に立ち寄れるお店のはずだった・・・

このお店が開店してお客様が愛してくれて本当に雰囲気が心地よいお店に育ててもらった。
まだまだ発展途上ですが、途中経過としては感激を覚えるほど楽しいお店になっている。

でも一つだけ気がかりなこと。

それは・・・

「予約してないけど入れますか?」
と不安そうに階段をあがるお客様の顔。

そう、お客様が支持してくれている反面、お店の規模が狭いため、お断りする率が高くなっているのだ。

調子こいて聞こえるかもしれませんが、そんなんじゃなく、スタッフだけになると毎日ブルーになっているくらいなのです・・・。

オープン当初から来てくれている人達、ミクシーでokeiを盛り上げようというコミュニティまで作ってくれた人達。

とにかく数え切れない人達にお世話になり、支えてもらっているのにお断りしなければいけない現実、。

皆さんも分ってはくれている、繁盛していて嬉しいなといってくれる。
でもやっぱり寂しい思いは捨てきれないと思う。

せっかく来たのに入れなかった事実は変らないから。

お店って本当に難しいと思う。
この規模だから自分らしさが出せているし、大きくなったら駄目だと思う。
でも断りたくない。
本当に辛い日々を過ごす。

経営という部分では全く問題なく、皆様のお陰で生活できている。
でも気軽に立ち寄れるお店。
プラッと。

そんな感覚が薄れていくのは怖い。

この課題は一生続いていくだろう、というか続くことがいいことなんだろう。

僕の感覚がまだ経営者ではないのかもしれない。
気持ちが優先しているから。

でもその気持ちがなければお客様はこんなに来てくれなかっただろう。
この表裏一体の感じ。。。

僕にはまだ理解できていないことが多そうだ。

断ること。
本当に辛いんです。

「気軽に立ち寄れるお店のはずだった・・・」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA