1人で来てくれる贅沢

okeiは小さな小さなお店。
カウンター12席とテーブル席が5席で合計25人ほどがキツキツで座っている。

少人数から4人とかまでが多くて、後は10人以上の団体のお客様。
毎日お客様の感じは違うが、みんな楽しそうなのがこのお店のいいところだろう。

そして何といっても嬉しいのが1人のお客様。
思いのほか、女性の1人の方が多い。

2階でしかも外からはどんなお店か分らないから一人のお客様がこんなに来てくれるとは思わなかった。

よく飲食業の方は客単価とか回転率とかを意識してお店の経営を良くしていこうとする。
もちろん僕も考える。

でもそれよりも何よりも楽しい時間を過ごすこと、そうしてもらうことが一番だと本気で考えている。

だからお店では終電までいてくれるお客様が沢山いる。
飲食論理からは外れるが、人間論としては正しいと思う。

話を戻すと、1人のお客様は、入りやすいか、そのお店を気に入っているかのいずれかで来店してくれる。
しかも女性となるともっとシビア。
その女性が沢山1人出来てくれるokeiは本当に贅沢な空間。

安心感とクオリティが彼女たちに伝わったことが本当に嬉しい。

一般的には2名席に1人しか入らないから嫌がるお店もあると思うが、僕にしてみればこれほど幸せなことはない。

毎日のようにこんな贅沢をいただけるお店になれて本当に嬉しい。

彼女たちにとって、行きつけのご飯屋でいたい。
そしてうれしいことがあれば行きたい店でありたい。
知人と来たい店でありたい。

p.s
昨年の今日、オープン日が決定した、12月9日に。昨年の今日書いた日記が以下でした。
本当にあれから一年です。皆さん、ありがとう。

ついについにオープン日まで決まった〜。大変なことを始めたことがやっとわかり始めた。いったいどうなることやら。今日窯が入りました。外壁が赤くなりました。スカパー!みれるようになりました〜。何はともあれ、念願のオケイが出来るまでスグデス。あらたな人生の始まりです。歴史のスタートを見てやってください

「1人で来てくれる贅沢」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA