真な心が届く頃

「人の心は難しい。言葉ではなかなか伝わらない」

と言う。

お店を始めてそれが「?」になってきた。
そして今日、その答えが「×」であると僕は結論を出した。

一周年を前に住所がわかる人や名刺を頂いた人へ葉書を出した。

そしてそれが今日到着した人から沢山のメールを頂いた。
そして、僕がお礼で出したのにお礼にお店に来てくれる人、予約してくれる人、ビックリするほど沢山の反響があった。

僕がサラリーマンの頃、葉書が来て反応したことすら皆無なのに、
こんなにみんなが笑顔で来てくれて、メールまでくれる始末。

本当に感激した。

葉書を作るにあたって、言葉や内容を何度も考え直した。
デザインもそう。

僕の気持ちをあの中に詰め込みたかったから。
断言するが客集めのために葉書を出したわけではない。
ただ単に感謝をしたかったから。

そしてそれが沢山のお客様の心に届き、快く迎えてくれたこと。
一年間という短い間であるが皆様と心の会話を少しは出来たんだなと
嬉しく思った。

思えば、僕は内気でなかなか人とうまく接することが出来ない人から助言を求められると必ずこういう。

「自分がオープンでないと相手はオープンになれない。
でも社会にはオープンになれない人がほとんどと思ったほうがいい。
だからすこしでもオープンにすることで、それだけで
相手にとっては話しやすく、打ち解けやすくなるんだ」と。

僕は全く自分を表すことに恐れもないし、何の躊躇もない。

お店もそう。

出来ないことは見るからにわかると思う。
でも一生懸命皆さんのために、自分たちが楽しくお客様の中にいるために
営業しているのをずっと見てくれている。

だから真の心が届くと信じている。

僕たちの真の心が届く頃は、僕たちには幸せが届く頃。

真の心は、何の隠し事もない、僕たちの全部。

「真な心が届く頃」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA