僕が僕であるために

「僕が僕であるために 勝ち続けなければならない
正しいものは何なのか それがこの胸に分るまで」

尾崎豊の曲。

今日自転車をこぎながら口ずさんでいた。

片寄という名の僕。
自分はどんなやつか。

考えていた。

片寄がokeiであるために 自分をいかにこえていくか。
今の時分をイカに越えていくか。
その方法論として正しい道は何なのか それが分るまでそれが理解できるまで
何かを我慢してでもやりぬく覚悟が必要だ。

自分が自分である という言葉は重い。

だって自分の長短所を完全に理解して、短所に目を瞑っても
長所を生かしていける度胸と志がなければいけないから。

僕が僕であるために・・・・

今決めたことがある。

僕は過去の自分から脱却するんではなく、
その全てを今の自分が超えること。

過去で反省点もある。
でもその反省点の裏に自分が満足し、他人も満足してくれたことが山ほどある。
だからそこが僕であるためのポイントであると今は思う。

自分がいくら忙しくなっても、時間がなくても
自分が好きなこと、自分が出来てたことはやりぬきたい。

それが僕が僕であるためには必要だと思う。

もし違う道に行きそうだったら、この僕をこのレールに乗せてください。

僕が僕でなくなりそうだったら、叱ってください。

それが僕の望みです。

だって自分がしてきた全てが今の自分を創っているんだから。

「僕が僕であるために」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA