好評のため、、、、ちょっと面白い話2

調子こきまして第2回ちょっと面白い話です。

僕の小学校はお弁当。
そして友達のお弁当は色とりどりの美しいお弁当だった。

中でも僕は三色弁当にものすごいあこがれていた。
これは今でもそうで、コンビニで見るとつい買いたくなる。
玉子とミンチとご飯。
絶妙な彩りです。

あと海苔ベン。
何層にもなったしょうゆ海苔がそそる弁当。

さて、私はというと・・・。
いまいち母親が得意ではなく、パッとしたものはなかった。
これは後に母親も認めるところである。

そしてその究極のセンスが現れる時がある時来てしまった。

今でも私は世界で一番納豆が好きだ。
もちろん幼年期も変らずで大スキ。
毎日食べていた。

変らずその夜も納豆をたらふく食べていた。
そして翌昼のお弁当の時間。

ふたを開けると想像を超えた弁当が・・。

ふたにはネバーと納豆が全体にいきわたり、
ご飯しか弁当の中にはない。

100歩譲ってパックの納豆を添えるならわかる。
でもなぜ溶いて納豆を白いご飯に載せたんだ〜。
周りからはネバネバと呼ばれるその日。

さすがでした。。。。

予断だが、カレーがかけられたままお弁当に入っており、
かばんの中がカレーだらけになったその後があったことも付け加えておく

「好評のため、、、、ちょっと面白い話2」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA