スタッフ

サラリーマンの時は、後輩をいかに育てることも中堅どころの仕事として大きなものであった。
大学時代少しだけ母校の監督をしたときは、いかにレギュラーとそうでない生徒との確執やモチベーションを保ち、サッカーだけでなく、人間としてのコミュニケーションをいかに植えつけるかが課題だった。

そして今・・・。

僕はオーナーとなり、3人のスタッフと一緒に仕事をしている。
シェフとバイト二人。
もちろんシェフがもっとも重要であるが、アルバイトをしてくれている二人がいてくれなければ大変なことになる。(オープンから4ヶ月にまた戻ることになる)

オーナーから見れば「イカに人を使うか」という言い方になるのかもしれない。
でもそれは僕の場合はちょっと違う。

「僕が勝手に作ったお店で働いてくれる彼らに、いかに賃金を還元し、いかに楽しく、人生のためになるお店で入れるようにするか」

が課題なのだ。

僕はスタッフが楽しくない場合はお客様も楽しくないと考えている。
狭い店、少ないスタッフ。
いがみ合えばお客様に伝わるのは容易。

ミスはかまわないからそれをいかに修正し、楽しくカバーするか。

幸いスタッフには恵まれ、大きな問題はない。

もちろん、僕にはわからないココの不満は沢山あるはずで、それは一生ついてまわるだろう。

でもみんなが同じ方向を向いている間は、その不満はみんなココに消化できるものだし、消化しなければどこでも生きていけない。

私はそのさじ加減やその具合を見定めないと彼らの本当の気持ちを理解してはいけない。

美味しい料理と楽しいサービス。

これは彼らのお陰で全て出来ているのだ。

僕はその場を作り、その思いを表現しているだけ。

僕は彼らのために生きている。
といっても過言ではない。

働いてくれていることだけで僕は嬉しい。

だってこのお店は僕の全てなんだから。
ありがとう、中田洋平
ありがとう、千田隆行
ありがとう、雌田レイコ

「スタッフ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA