蹴りっこ

私の両親は11歳の時の離婚し、それから色々あった。
詳しいことはまた書くとして・・・。

僕が始めてサッカーをしたのは小学校一年かそこら。
家の前の空き地で親父とボールを蹴りっこした。

ものすごい鮮明に覚えている。
彼は遠くから僕にめがけて大きなボールをカッコよく蹴っていた。
それを僕はとることも出来ず、避けては追いかけてとりにいき、
見よう見まねで蹴っていた。

家ではダイヤモンドサッカーを見ていた小さい頃。

親父とやったのはその蹴りっこだけであとは部活などでサッカーにおぼれていた。

そしてそれからン十年。

親父は三度目の結婚をした頃か。。。

初めて行った空き地、そしてその周りにある公園。
一人でサッカーをしていた回りにふと行ってみたことがあった。

親父に教えてもらった空き地はものすごく小さく、10mほどしかない。
今の僕では何も出来ないほどだ。

そして一人で遠くに蹴る練習をしていた大きな公園・・・。

「よし、この木からあの壁に届かせるぞ!」
といいながら練習していた木は、ものすごく近く。。。

公園の端から端までキックしたボールが届く公園だった。

僕は大人になったと痛切に感じた。
でも嬉しかった。

一人でしていたサッカーが今では多くの人と楽しむことが出来る。
そしてそのお陰で沢山の人とハートを通わせることが出来た。

サッカー。。

僕にとってはかけがえのないもの

それを教えてくれた親父には感謝している。

片寄啓。
これが親父の名。

私は片寄雄啓。

性格は全く似ていないが、名前は親子そのもの。

この名前があったからこのお店がある。

ありがとう。

父へ
息子より
(この言葉でいつも彼への手紙は始まり、終わる)

「蹴りっこ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA