お店がなかったら

僕のお店がなかったら・・・。

ふと考えた。

今日も運命の再会をしている人がいる。

数年ぶりでこのお店で出会い、昔話に花を咲かせる。

大好きな人といつも来てくれる人がいる。

僕と話に来てくれる常連さんもいる。

僕のお店がなかったら・・・
全然違う人生になっていたかもしれない人もいるかも・・・。

お店を出すということ。
それは突如として人と出会うこと、そしてその人の人生に加わること。

だからお店を出すということは自分本位では到底無理なんだ。

勝手に出店しても、それは他の人に大きな影響を及ぼす。
それが良い店であればあるほど・・・。

僕はお店を出した。
その瞬間からこのお店は僕のものではなく、不特定多数の方のものになった。

僕はそこを生活のリズムの一つとして取り入れてくれている人のために
一生を捧げることになる。

そしてそれが自分の生きがいになるだろう。

何度もこの日記に書いているが、幸せとは僕が幸せになることではなく、
僕のまわり全てが幸せになること。

それがokeiとおけいの幸せなのだ。

「お店がなかったら」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA