原点

今の僕が僕になったのは・・・。
あまり掘り下げると分らなくなるが、大学時代にバイトした甚八三ツ境店が原点か。
カウンター越しにお客様と話しながら大好きなサザンを勝手にかけて・・・。
大学行ってパチンコして、バイトしてを繰り返していたが、バイトは休まなかった。
楽しかったから。
人と話し、人が笑い、人が話したがる。
そんな幸せいっぱいの空間だったように思う。
今も行けば、仲間が沢山だ。
考えれば山あり谷ありのお店だったが、20年も続けているというのが驚きだ。
自分は20年続けられるだろうか?不安に駆られる。

でも続けている人がいるんだから続けられるよ、僕だって!
とかってに思うことにした。

お店は潰してはいけない。
なぜなら、お店は自分勝手に出店した時から、自分のものではなく、万人のもの・常連のものになるから。
以前働いた店が潰れてそう思った。
いくら暇な店でも常連はいる。
いつもきてくれて応援してくれる人はいるんだ。
その人にとってはその店は生活の一部。
それを勝手に潰す権利はすでにオーナーにも無いのだから。

僕の店 okeiは既に僕だけのものではなくなった。

だから原点 甚八のように幸せに継続するのだ!

「原点」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA